« 夜を抱える人達の日向であって下さい。8 | トップページ | 夜を抱える人達の日向であって下さい。10 »

夜を抱える人達の日向であって下さい。9

著/秋月十紅

「えりこお姉さんの大きな苺ですねー」

「そんなにもの欲しそうにしてもあげませーん」

並みいる女性を掻き分けても尚トップクラスの美しさを備えているひなたは私の苺を欲しそうに目を輝かせている。

口をだらしなくあけちゃって…… 可愛い。

見渡すと食事を始めて二時間くらいたち昼の賑わいを見せる店内。

苺を凝視しているひなたを無視して見事な装飾が施されたフォークに甘そうな蜜が絡んだ苺を突き刺し、行動予定表を片手に午後の予定を話す。

「このまま上まで駆け上がってチェックインしてからブラブラ散策する?」

我ながら簡潔でわかりやすい説明に惚れ惚れしながら、苺を口にくわえる。

それぞれ食事が終わりデザートを楽しみながら聞いている。

みんなひなたを見ているのに気付き自分もつられて見ると——

苺が貰えなくて落胆してると思ってたけどひなたは、花びらをまき散らす笑顔でマカロンを口に運んでいる。、上下に合わさったこんがり焼かれた部分からはみ出た甘い部分を丁寧に可愛い舌ですくうように舐めている——……

これには、お姉さんもやられそう……苺をくわえたたまま、ひなたを魅入る。

か……可愛すぎる!

自然にひなたがマカロンを口に運ぶと同時に私もつられて口を開けて苺を落してしまいそうになる。

「ふふっ」

チーズケーキを早々と平らげ、ひなたの観察に専念している綾乃。

「やらしいー! えりこ顔真っ赤。それとよだれ……」

目敏く唯は、言い終えるとジッっと私の顔を睨んでくる。

「くっ……何よ? みんなだってだらしない顔してるじゃない!」

 自分の頬を押え、気になるみんなの『お姫さま』を見た。 

ひなたは、相変わらず不思議な食べ方を繰り返している。

みんなが見ていると気付かずに。

マカロンがなくなり落胆した表情へ変わっていく。

紅茶を上品に飲みほしてから皆の愛でる視線に気付いたみたいに頬を一気に染めた。

「あ〜……何ですかぁ?」

 ひなたが紅茶を飲み干して声をあげた瞬間。 

「むむっぐぐぐっっっ!」

すかさず唯がひなたの口に苺を押し込んだ。

なんですかぁの「あ」のタイミングで……

「もう唯っ! やめなさい! だっ大丈夫?」

 私は、大変満足げな顔を浮かべた唯を叱り、びっくりした顔をしているひなたを窺う。

「……苺くわえたまま首を降らなくてもいいからね」

コクコク首を縦に振るひなたに突っ込みを入れてから、ほぼみんな食事を終え『歳の離れた妹』を魚に遊びはじめようとしている。

コホン! 咳払いを入れ仕切り直す。

「みんな午後の予定を聞きなさい!」

 

今さらながら私達「ひなたを見守る会」メンバーで大型連休を利用して旅行に来ている。

私のストックしている「ひなたん画像」で脅迫……日頃の感謝の証として女装させて連れ出そう計画が発動。

嫌がるひなたを笑顔で諭し、みんなで押さえつけ上から下まで完璧な女の子に仕上げました。髪は私がセットし、服は綾乃が、イヤリングと化粧は唯が担当。

素直に従ったひなたは、涙を浮かべ歯を食いしばり大の字でなすがままだった。

そして女性用下着を履かすためには、大きく引き延ばされた写真「蜂蜜色のウイッグにピンクのバラのカチューシャかぶせられてアームチェアで眠っている妖精」が効果てきめん。

見たら自分からスカートを托しあげて女性用下着を奪い取り部屋の端の方まで行き「見ないでよ! お願いだから」と前屈みになって真っ赤っかにした顔で懇願していた。

唯も綾乃も、もちろん私も目を皿の様に見開き焼き付けた。

「いっいつか仕返ししてやる!」と訴えながらリボンの付いたショーツを履いた。

元々、女の子としか見えない容姿。

いや……

女の子でないはずがない。

アレがあるのか? ないのか? 見た事がないけど。

見たまま貧乳・幼児体型の極上美少女にしか見えない。

普段から。

本人には言えないけど……

「大丈夫。バレない様に遠くへ行くから」

少しは男らしい所はあるよ的な含みを入れて納得をさせて連れ出しのだ。

 

「……と言う訳で、そろそろ頂上目指してロッジへ向かいましょう! くれぐれも安全運転で!」

私の号令に少し間が空き、「おー!」って歓声をあがった。

ひなたに怪我させたくせに! という冷たい視線が集ったけど快く了承してくれた。





WEB拍手です。また、クリックしてくださるだけでも嬉しいです!

  

|

« 夜を抱える人達の日向であって下さい。8 | トップページ | 夜を抱える人達の日向であって下さい。10 »

小説「七夜ひなたの……」」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜を抱える人達の日向であって下さい。9:

« 夜を抱える人達の日向であって下さい。8 | トップページ | 夜を抱える人達の日向であって下さい。10 »