短編小説

短編小説「tellurico……」

tellurico……  著/秋月十紅

 ここは海。凪いだ海。
 何処までもが遠浅の海。アクアアルタのようにどこか神秘的で浅く小麦色の砂と海水が煌く。太陽だけが賑やかに照りつけ、遠くで鳥が魚を啄ばむ宴が粛々と開かれている海。
 雪色のジャイロスコープに似た飛行艇だけが、破壊された船舶の欠片のように小さく波紋を広げ小さな波音を立てている。
『terra……』
 白い小さな端末からは短い電子音に続きテッラと呼ぶ。
 一面踝までしかない浅瀬。それに、淡く溶け込むかのように両足を浸ける少女テッラ。
 白いミニのワンピースに白いニーソ。それがニット地であるかのように体のラインを浮きあがらせ、妖艶に美しい少女を呼ぶ声が幾度となく告げられる中で、
 テッラは太陽を仰ぐ。
 小さく音をたてる首もとの大きなリングが、幼さの残る精緻な小顔でも小さく盛り上がる胸でも白桃のようなお尻でもなく、冷たく輝く。その銀色のリングはテッラの脇にあるヘルメットと一対である事が見て取れる。
 白く透き通る肌より僅かに乳白色のワンピース型宇宙服に身を包むテッラは、爽やかに前髪を揺らす微風に目を細め、両手を広げて微笑を浮かべて見せた。
 そんな白い妖精の彼女の頭上には、高く澄み切った青空が大気の存在を示し。いつかは成長して雨を降らす綿菓子のような雲が浮かんでいる。
 ここに緑があれば、若葉が芽吹き、可憐な花の蕾が緩ませるであろう春めいた日。
『terra……』
 複数回聴こえる聞きなれた甘い声は、心配そうにテッラを気遣う親友からだ。
「……平気よ」
 不安気に自分の名前を呼び続ける声に答えた。
『テッラ、どう? 下の様子は』
「気持ち良いよ? ファーチェも来たらよかったのに~」
 親友のファーチェは空(宇宙)から高見の見物を決め込んでいる。
 その屈託のない笑顔に乗せた返事に安心したのか、
『そう? でも、今日は自然と戯れているテッラを見るのに徹するのだ』
 きっと望遠カメラでアクアの妖精と化しているテッラを見ているであろうファーチェに、テッラは、昼間に輝く星を見つけ手をかざしウインクを投げかけた。そして、
「ファーチェ~何が見える?」
『……えっと、ウインクが見えたよ?』
「そうじゃなくて、何が見える? ……私の事アップしすぎ!」
 腰に手をあて、わざと偉そぶって再び質問を投げかけてみた。
『ブルーに染まった地球が見えるよ? ブルーだけの濃淡……』
 すべて海面に覆われた地球。緑を失い、地面を失った地球。
 テッラの立つ地面は、全て砂地。振るいにかけられた粒子の細かい砂地なのだ。
 「……うん。やっぱり、そうだよね」
 俯くテッラに、
『なんか、しんみりさせちゃって言いにくいけど……』
「分かってるよ。私の先祖の大地を持って帰ってあげるから」
 ファーチェは、申し訳なさそうに。でも、大胆にテッラの出生にまつわるこの地球のお土産を欲しがった。
 ジャイロに乗り込む時に見せた彼女の複雑な表情に笑顔を添え、すでに人も住んでいない地球に降り立ったのだ。
 浅瀬には温く温まった海水が人肌のように心地よくテッラを感傷的にする。
『そろそろ、戻らないとダメだよ?』
 曇った心を察したのかファーチェは幼年の子供のように、伺うように告げた。
「わかってる」
 言い終わるとテッラはジャイロのスイッチを入れ、縦軸と横軸が回りだす。
 徐々に機体が浮かんだ時、
 遠くで海鳥が鳴く声が聞こえた。
  エアーでドアが開く機械的な音と共にファーチェが出迎え、
「ただいま。ファーチェ」
「おかえりなさい。テッラ……」
 何故か同じ白いワンピース型宇宙服に身を包んでるファーチェが心底安心した顔で、
「……遅かったから心配したのよ……大地の欠片は? 」
 テッラは、安堵のため息をもらし肩をすくめるファーチェの背中に手を回し「ごめんね、心配かけて」と囁き「里心なんてついてないよ」と安心させた。
 夕食が終わり、入浴も済ませた二人の時間。
 掴めるだけの砂を握った小さな手を眺めてから、
「あの砂……あ、大地の欠片はどうするの?」
 星界のコレクターのようにあつい視線をぎらつかせた親友に聞いてみた。
「ん~ あの地球に緑を再生してあげたくて……さ、研究をしようかと思って」
 かわゆくファーチェは口元に手を当てながら目を眇めてみせた。
 はっとするテッラは、数秒も我慢が利かずそのままファーチェを押し倒して、
「優しいね、ファーチェ……大好きだよ」
 テッラよりも弾力のある双丘に頭を沈め、手足をばたつかせ「大好きだよ」と擦れた声を漏らした。
出来ない事はわかっている。
 でも。あの砂を掴んだこの白い手が少しだけ大きくなる頃には。

Web拍手です。ここでのコメントは公表されないのでこっそり囁いてくださる方はこちらからどうぞ!

また、クリックしてくださるだけでも嬉しいです!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短編小説「夏の気持ち」

夏の気持ち  著/秋月十紅

「内臓が暑い……」

 未楡は太陽のシモベと化したアスファルトを力なく眺めポツリと弱音を零した。

 肩を超え背中まで届くふわふわの髪と、真白でフリルたっぷりのロング丈ワンピース姿の彼女は自宅前の往来に一歩踏み出せないでいる。

 涼しかった聖地。空調が行き届いた自宅を離れる英断を迫られたのは幼年の妹の頑張り。

 太陽の研究をするの。と自由研究に夢中の妹が可愛くて、アイスクリームをごちそうしてあげたくて。

「うっ……」

 丸い日傘を広げ、躊躇しながら半歩。

 アスファルトからは容赦なく太陽熱が、日焼け対策万全のひらひらスカートの中から駆け登ってくる。

 とけそう……というより融解する……。

 そんな暑さをヒシヒシと感じながらお目当てのモノを手に入れるためコンビニへ向かう。

 街路樹の影を見つけては一休み、自販機を見つけては誘惑に苛まれつつ普段は自転車で軽快に通り過ぎるだけの通いなれた通学路。

 未楡は、日傘の加護を最大限に受けながら時間をかけてゆっくりと歩いて行くと今まで気付く事のなかったものが見えてくるものだと気付く。

 お気に入りのケヤキ並木の歩道。キラキラ煌めく木漏れ日の下。

 街路樹道路と歩道の境目の雑草では、暑さに負けずに活き活き葉を延ばし小さな昆虫が忙しなく動き回り、目にも止まる事もない蟻の生活道路も目の当たりに出来た。

 その脇に、いつ朽ちたかわからない木の枝や枯れ葉が揺れ今にも蟻の生活道路を寸断しようとしていた。

 未楡は、お気に入りの真白なフリルたっぷりのスカートの裾を摘んで屈み自然災害を未然に防ぐと、

「優しいだろぉ〜蟻殿……」

 小声で囁き、女神よろしく美顔を緩ませた。

 まさしく牛が脇道の草に夢中になってしまう。というようなミチクサ実行中の彼女を我に返したのは一本の電話だった。

『遅いから心配になって……』

 はっ。と息を飲み「あまりにも暑いから休み休み動いてるの」などと真剣に歩けば三分もかからないコンビニへ出かけたきり、なかなか戻らない姉を心配している可愛い妹へ言い訳じみた事を言いつつ安心させてみた。

「蟻殿達、枯れ葉には充分気をつけるのだそっ」

 一心不乱に働いている蟻の脇にあめ玉を一つ置いてコンビニへ急いだ。

 

 店内はいい感じに冷えており、ひんやりとした空気が火照った体を急激に冷す感覚を満喫しつつ、アイス売り場へ一直線。

「未楡!」

 聞き覚えある快活な声音に急に呼び止められ回れ右。

 まばゆい生脚を惜しげもなく披露しモデル顔負けのスレンダーさとカッコイイ容姿を兼ねた彼女は、肢体をなぞったようなTシャツの柄だけが疑問に思う幼児が描いたようなドクロ柄。

「奈津さん……こんがりやけちゃって」

 見た目も、めちゃくちゃ元気よさそうな奈津が表情筋をフルに使って小麦色の笑顔を見せている。

「アイス買いにきたの? このアイス美味しかったよ」

 奈津は、未楡の言葉を軽くスルーしアイスに手を伸ばした瞬間で振り向いてる友人に対してお勧めのアイスを指差している。

 そっちは、ぶるじょわじー。

 幼い妹には、お茶を濁してスイカバーファミリーパック辺りで片を付けよう。などと思いっていながら、

「あはは〜、私もこれ好きなんだ〜」

 今日だけだからな。我侭に育つなよ我が妹よ。と心で握り拳で。

 柄にもなく変な所で見栄をはって外国人が艶かしく宣伝する高級アイスを買う事にしたのだ。

「で、どこまでついてくるの? 奈津さん」

 懐いた猫のように未楡の後ろを歩く奈津に、シャーっと威嚇した

 久しぶりに顔を会わす彼女は、学校で出会う彼女より随分と大人っぽく見えて、少しだけ妬けた。

「未楡、少しだけ時間ある?」

「なぜ?」

 奈津はそんな未楡を気にする事もなく。未楡と会えた事が嬉しいのか、今日は特別いい事があったのか時計を気にしながら聞くものだから、未楡は小首をかしげて疑問を投げてみた。

「あのさっ!」

 大きな声をあげて未楡の前に回り込む奈津は、内緒話をする子供のように屈むよう催促した。

「わかったから待って……」

 往来の妨げにならないように、真白なスカートに埃がつかないように屈むと、おもむろに手を窄めてから、

「悪いけど、日傘しまってくれる?」

 太陽光のパワーがないと……などと週刊誌の雑誌の裏よろしくな独り言を漏らした。

 奈津は目で、待ってね。と訴えている。

 すると先ほど蟻殿達に施しを与えた場所が近い事に気付いた。まん丸い飴玉に沢山群がりまるで——

「未楡! 見て!」

 激しく興奮した彼女の声につられ地面を見ると、

 窄められた手の輪の影が考えられない事になっている。

 影が欠けている!

 いや、そうではない。彼女の手から作られている丸い光には、三日月の影ができているのだ。

 奈津は満足げに頷く。蟻殿の近くをみると無数の三日月が見えていた。

「今日は部分日食なんだ♪ この日だけはとてもミステリアスなんだ。アイス解けるよ?」

 奈津は言いたい事だけ言って、お姉さん未楡である事を思い出させてくれた。

 

 待ちきれず玄関で待っていた妹は、走りにくいロング丈のスカートを翻し全力疾走で帰ってきた未楡に飛びつき小さな穴のあいた画用紙を見せた。

「アイス食べながら見ようか」

*

Web拍手です。ここでのコメントは公表されないのでこっそり囁いてくださる方はこちらからどうぞ!

また、クリックしてくださるだけでも嬉しいです!

  

| | コメント (0)

短編小説「あまいにおい」

あまいにおい   著/秋月十紅

 月は朧げに、柔らかく。

 暖色の光を放ち木犀の香りが漂う庭を照らしている。

「はぁ——」

 月を掴む事はできるのだろうか……

 遥は、無防備に縁側で後ろ手に仰ぐぎながら嘆息をつく。

瑞々しい果実のような唇からは甘い息が漏れ、サテン生地のような薄香色の生肌が。艶やかで長い黒髪が。男性なのか女性なのか中性的な面持ちのせいで分からない。

「なに溜め息ついてるの? 悩みならおねぇさんにいってごらん——」

「楓ねーさん……ぬ……盗み聞きしないで、ください! って、またビール空けたのですか!」

ほんのり桜色のアルコールによる頬紅搭載でやってきたショートカット少し年輩女性は遥の横に座り胡座ををかき、

「お胸が成長しないーとか、なんで身長が伸びないーとか……かな?」

全快の笑顔で、にぱっと茶化す。

「ボ……ボクは、男の子ですってば〜何度も言ってるでしょ? そんな事言うなら『そんなビールばかり飲んでるからビールっ腹になるんだ』っていっちゃうよ〜?」

茶化した相手は「はーるーちゃーん」と間延びした声音を残し俊敏に遥の後ろにまわり、月を仰ぐ体制の遥の視界上方から覗き込んだ、

「この可愛い口が言ってはならん事を言うのかー」

逆さから見る楓から一文字に口を引張られながらいつもの天誅をくらう。

「わっふぇーわっふぇー」

だってだって。と口から発せられず声変わりのしないままの女性の声紋に近い甘えきった声が庭に響いた。

「ねぇ……はるちゃん。あなたぱっと見かわいい女性なんだけど、このままでいいのかなーとか、このまま身長がとまったらどうしよう……とか、うじうじ悩んでるんでしょ?」

「ち、ちょうど! たったいま! 微かに! い、今考えてただけですからね!」

妙に優し気な口調で諭すように言われた遥は、楓の琴線に触れる禁忌ワードを紡ぐ。

「そんな、はるちゃんの素直な所好きよ」

「か、からかわないでよぉ! きゃ……」

好き。なんて言われるのに慣れていない遥かは照れて、後ろ手でいるのを忘れて手を両手でわたわたと空を切る。当然。瞬間頭から落下——

あっ。気づいた時には遅く床に頭を打ってしまうと思い目を閉じると

 ——とすん……。膝の上?

柔らかい感覚が後頭部から伝わり、

「ね、はるちゃん。春桂問答って知ってる?」

遥かは薄目をあけて首を横に振る。

「いま桃や李の花が満開なのに君はなぜ花をさかせないのか?」

楓は目を瞑り真面目な面持ちで冗談を言っているのではない事を示しながら次の言葉を放つ。

「春花、なんぞよく久しからん。風霜搖洛(ふうそうようらく)の時、独り秀づるを君知るやいなや」

遥は今の漢語が理解出来ず口元に手を添えて「ん?」と短く質問。

すると楓は、ゆっくりとした口調で、

「草木がね、葉を落す季節にね、私一人が花を咲かせるのを知ってる? っていう問答があるの」

言い終わるとそっと遥に覆いかぶさるように抱きついた。

「私はあなたが男の子っぽくなくても平気なんだから……いつか私が弱ったときに優しい声をかけてくれさえすればいいの……でも、でも!」

遥は視界真っ暗の温もりで身動き一つ取れず。

ただ、次の言葉をまった。

「でも、さっきの『きゃ』は反則だ」

 言い終わるのが早いか楓はアルコールだけではない赤い顔で遥と影を重ねた。

*

Web拍手です。ここでのコメントは公表されないのでこっそり囁いてくださる方はこちらからどうぞ!

また、クリックしてくださるだけでも嬉しいです!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)